納期と値段

実印をインターネットショップで購入する場合には、納期とお値段についてもしっかりと確認する必要があります。特に実印として使用されている材質は、印鑑の材質の中でも特に高級な材質を使っていることが多いです。お店によって材質のクオリティはもちろんですが、何よりお値段もかなりの差があります。少しでもリーズナブルな価格で購入したいという方の場合には、色々なインターネットショップを見比べて、最もリーズナブルな所から選ぶ必要があります。特にチタン製が良い、象牙製が良いと決まっているのでしたら、比較も簡単ですのでおすすめです。

値段また、マイホームローンを組む前や、マイカーローンが必要な場合など、実印が何時までに必要だという事が明確にわかっているような場合には、象牙を注文してから手元に来るまでの納期もインターネット通販で購入するショップを選ぶポイントになります。

印鑑の通販ショップの中には、即日発送とうたっているショップもあります。もちろん、納期に余裕がある方が沢山のインターネットショップの中からお気に入りのショップを選ぶ事ができますが、時間が無いという場合には、なるべく早く発送してくれるショップの中から選ぶというのも重要です。


種類が豊富なお店

実印をインターネットショップで購入する場合には、材質などの種類などが豊富なショップを選ぶこともおすすめの方法です。実印は一生ものですので、多少高かったとしても気に入った素材で作ることも良いでしょう。印鑑を取り扱っているネットショップによって、注文する事ができる印鑑の材質が違いますので、色々なインターネットショップを見比べて、沢山の材質を取り扱っているお店が選択肢も広がります。

印鑑実印で最も人気のある木材も単なる木材だけではなく、種類もかなり豊富です。実印に使われやすい木材としては、優しい木のぬくもりが特徴的な薩摩本柘や高級木材として昔から愛されている白檀、とても硬い木材でひび割れや歪み欠けに強い黒彩樺、他の木材にはない高級感のある赤みのある人気のアグニ、独特の木目が人気のある彩樺など種類が豊富です。

他にも最近特に人気のあるチタンや琥珀樹脂、コバルトクロムモリブデンなど、従来の印鑑にはない美しさを誇る材質などもあります。象牙も実印の定番となっておりますが、マンモスの象牙や本象牙、黒水牛、牛角など色々な角や牙から選ぶ事ができます。これらは、そのインターネットショップでも注文できるというわけではありませんので、自分が気に入っている材質のあるショップを選ぶようにしてください。つづいてインターネットショップで購入した場合の納期とお値段について紹介していきます。


安全性が大事

実印の作成は、それこそ一生に何度もあるものではありません。実印を作ったら役所にいって印鑑登録を行います。実印を買い替えたら印鑑登録をやり直さなければいけないといった面倒な作業もあります。実印は認印やゴム印と違って使用頻度も少ないですし、クオリティも高いので破損などが原因で実印を買い替えるという事が少ない傾向です。

通販サイト実印は、利用頻度は少ないのですが、その分、重要な契約の時などに必要になります。それこそお金が絡む契約の時などには必ずと言ってよいほど必要になってきてしまいますので重要度は高くなっています。そのため、実印を通販で購入する際に安全性が気になる方も少なくありません。実印に限らずインターネット通販で商品を購入して、詐欺などのトラブルに巻き込まれてしまった人の大半が、信頼のおけない怪しいインターネットショップで購入しているためにトラブルに巻き込まれているというケースがほとんどです。

ネットショップで実印を購入する場合には、信頼できるお店から選ぶようにしましょう。どのような所で信頼できるショップかを判断するのかというと、口コミなどで評判をチェックして好評なショップから購入したり、古くからインターネットショップを運営している老舗の通販サイトなどを選んだりすることもおすすめです。印鑑の材質の種類が豊富なショップもおすすめですが、まずは安全性からチェックしておくようにしましょう。


実印を印鑑通販サイトで購入

これまで実印を使った事がないという方は、実印の使い道が分かっていないという方も多いと思います。主に高額な金銭が関わっている契約の時には実印が必要になってきます。身近な所では、賃貸物件を契約する時や、車を購入する時などに実印が必要になります。

印鑑登録実印は、どんな種類の印鑑でも大丈夫という事ではありません。実印を使用するシーンでは、実印だけでなく、印鑑証明なども必要になります。印鑑登録は一定の条件を満たした印鑑でないと登録する事ができません。そのため、印鑑の中でも特別な存在になっているのです。

印鑑は、市役所などで色々な書類を作成する時に必要になる他、アパートやマンションなどの賃借証書の作成や色々な契約書を作成する時などにも使いますし、他にも生命保険や自動車保険など保険に加入する時などに使う契約書にも実印が必要になります。あまり回数はありませんが、遺産を相続する時に作成する書類などにも実印が必要になります。

実印は、色々なタイミングで使用する事になりますが、最近では実店舗ではなく、パソコンやスマートフォンなどを使ってインターネットショップで購入するという方法もあります。しかし、認印やゴム印などと違い、非常に重要度の高い実印を通販で購入するのを安全性の面から不安に思っている方もいらっしゃると思います。そこでこちらのページでは、実印をインターネットショップの通販によって入手する場合に覚えておいて欲しい情報を紹介させていただきます。